雄馬の馬毛

0

    二胡弓の有名製作師・王小迪氏が製作した二胡弓の棹には、1枚のラベルが貼られています。

     

     

    そのラベルには、「公馬尾製作」と表記されています。

     

     

     

    「公馬」とは、雄の馬のことで、王小迪氏が、雄馬の馬毛を選んで使っていることがわかります。

     

    私の知る限り、他の二胡弓工房で、馬毛の雄・雌にこだわっているところは知らないのですが、有名製作師の王小迪氏がこだわって使用していることからすると、雄馬の馬毛の方が優れている何かがあるのだと思います。

     

    少し調べてみたところ、雄の馬毛は、毛の表面のキューティクルが丈夫で、かつ毛自体が太いため、音量が豊かになり、毛が切れにくいという特徴があるようです。

     

    違いを試してみたいのですが、他の二胡弓工房は、使っている馬毛の雄・雌の別を明らかにしていないので、比較対象の弓がなく、試せないのが残念です。

     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    二胡教室ナビ

    二胡教室ナビ

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    最新記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM