二胡の蛇皮

0

    上海ショー・2017では、毎年、二胡等に使う蛇皮の販売業者がブースを出しています。

     

     

    このブースで、蛇皮の裏側をじっくり見ることができました。

     

    以前、二胡工場を訪問した際、蛇皮の裁断作業を見学したのですが、そのときは、蛇皮の中心部分の幅20cm弱を残して、両端を切り捨てていました。

     

     

     

    中心の色の黒い部分が、二胡への使用に適した部分です。

    その二胡工場では、この黒い部分の外側を切り捨てていたことになります。

    色が明らかに違うので、分かりやすいですね。

     

    以下の写真は、蛇皮の表側です。

     

     

     

    裏側ほど分かりやすくはないですが、中心部と外側との間の一線を境に、鱗の揃い方や粗さが急に変わるのが分かります。

     

    また、尻尾など先の方になると、以下の写真のように、中心部であっても鱗が極端に細かくなります。

    これも二胡への使用に適した部分とはいえません。

     

     

    こうしてみると、これだけ大きな蛇皮であっても、二胡への使用に適した部分というのは、非常に少なく貴重であることが分かります。

     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    二胡教室ナビ

    二胡教室ナビ

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    最新記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM