糸巻きの滑り止め

0

    二胡の糸巻きは、金属製でない木軸の場合、軸に角度の付いた糸巻きが棹に開けられた穴に刺さっているだけで、それを押し込んで止めるため、糸巻きが滑って巻き戻ってしまうことがあります。

     

    これを防ぐために、糸巻きに滑り止めの処置を施すことがありますが、この滑り止めに何を使うかは、悩ましいところです。

     

     

    よく使われるのが、黒板などに字を書くのでおなじみの「チョーク」の粉です。

     

     

    良い具合に滑りを止めてくれるのですが、チョークの素材は棹の木よりも硬いため、糸巻きを回す際に擦れて次第に糸巻きの軸やその穴を削ってしまい、糸巻きが安定して固定できなくなる場合があります。

     

    また、本来弓の毛に塗る松脂を砕いた粉を糸巻きの軸に塗り、滑り止めとすることも、割と行われているようです。

     

     

    滑り止めの効果は高いのですが、時間が経つにつれて松脂が固着し、糸巻きが回しにくくなることがあるのが難点です。

     

    今のところ、試してみて一番具合が良かったのが、「ペグコンポジション(バイオリンなどの糸巻きに使用する潤滑剤)」と松脂を砕いた粉を混ぜて使うやり方です。

     

    以下の写真に写っているのが「ペグコンポジション」です。

     

    糸巻きの軸と棹が接する部分に少量のペグコンポジションを塗り、その上から松脂の粉を擦りつけて混ぜ込みます。

     

    このペグコンポジションは、滑り止め剤ではなく、潤滑剤のため、これだけを使用すると、より糸巻きが滑るようになります。これに松脂の粉を混ぜ込むことで、固着しにくく、かつ良い具合に糸巻きの滑りを止めてくれるようです。

     

    よろしければ、一度お試しください。


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    二胡教室ナビ

    二胡教室ナビ

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    最新記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM