二胡の糸巻き

0
    二胡は、調弦をするため、棹の上部に「糸巻き」が2本差し込まれています。

    通常、糸巻きは、胴や棹と同じ材質の木で作られています。



    この糸巻きですが、棹に開けられた穴に、棒状の糸巻きが、ただ差し込まれているだけなので、調弦して糸巻きを固定するため、糸巻きを押し込みながら回さなければなりません。つまり、片手で糸巻きを握り込み、棹の裏面から表面に向けて力を入れ、押し込みながら糸巻きを回すので、慣れるまでは調弦が難しいと感じることが多いようです。

    また、調弦に慣れた後も、音程の微調整はなかなか難しいものなので、弦に微調整金具を取り付けられる方も多いようです。



    このため、オーソドックスな木軸糸巻きではなく、金属軸糸巻きの二胡を愛用される方も多くおられるようです。



    金属軸糸巻きの利点は、何といってもその調弦のしやすさです。金属軸糸巻きは、糸巻きを押し込んで回す必要がなく、力を抜いてしまって弦の張力で糸巻きが戻ってしまうという失敗もありません。微妙な調弦も楽に行うことができます。

    一方で金属軸糸巻きの二胡は、音色が金属的というか、硬くなってしまうといわれています。
    あとは、木軸糸巻きの二胡に比べて、重量が重くなってしまうのと、弦交換が木軸糸巻きより難しいのが難点です。

    音色は、好みの問題なので、硬い音色が悪いというわけではありません。利便性も含めた好みで選ばれたら良いかと思います。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    二胡教室ナビ

    二胡教室ナビ

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    最新記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM