二胡と胡弓

0
    二胡という楽器を表す場合に、たまに「胡弓」という名前が使われていることがあります。
    しかし、胡弓という楽器は二胡とは別に存在しており、二胡という楽器を表す場合に「胡弓」という名前が使われていることに違和感を感じます。

    胡弓は、日本の擦弦楽器で、3本の弦が張られており、三味線を小型にしたような大きさ・見た目です。

    二胡がまったく別の楽器の名前である胡弓と呼ばれるようになった理由として、二胡が日本に入ってきた当時、二胡だと馴染みがないため、同じ擦弦楽器で日本に以前からある胡弓の名前を借りて「中国胡弓(胡弓の中国版)」と呼んだためと言われています。
    擦弦楽器という点は同じですが、二胡と胡弓では、構造や奏法が違うので、胡弓の中国版というのはどうかと思います。

    胡弓という用語には、特定の楽器としての胡弓を表す以外に、弓で弾く弦楽器の総称という意味もあるようで、その意味においては、二胡=胡弓でも間違いではないのでしょうが、和楽器としての胡弓がある以上、どうしても違和感を感じてしまうのです。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    二胡教室ナビ

    二胡教室ナビ

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    最新記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM