中国民族楽器

0
    今年も、上海ショー(MUSIC CHINA 2014)に行ってきました。

    お目当ては、もちろん二胡とその付属品を見ることなのですが、二胡が展示されているホールには、二胡やその仲間だけでなく様々な中国民族楽器が展示されています。

    これは、見てのとおり「笛」です。


    これは「フルス」。日本では「ひょうたん笛」と呼ばれます。


    これは「哨吶(スオナ)」。チャルメラの仲間ですね。


    これは「笙」。日本にも、同じ字で同じ仕組みの雅楽で使われる楽器があります。


    これは「塤(シュン)」。土笛の一種です。


    これらは「阮咸」。大きさの違いで「大阮」「中阮」「小阮」があります。


    これは「柳琴」。中国琵琶を小さくしたような形で、高音を奏でます。


    これは「揚琴」。台の上に144本の弦が張られ、竹のバチで叩いて音を出します。


    これは「古筝」。中国の琴、というより日本の琴の祖先ですね。


    これは「古琴」。見てのとおり、琴の仲間です。


    これは、おなじみの「銅鑼」。


    このように、ただ見て回るだけでも楽しい民族楽器ホール。いくら時間があっても足りません。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    二胡教室ナビ

    二胡教室ナビ

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    最新記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM